« 神原駿河 | メイン | あんこ☆マギカ 新編 »

2013年10月24日 (木)

ビデオ日記:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編]永遠の物語【2012:日】

Matome_madoka_kouhen

新編公開前ということで、リバイバル上映していたので行ってみた。
公開時にも何度も見に行って、ブルーレイも何度も見ているけれども、
やっぱり、劇場で見るのがいい。

2週連続の前後編である。
さやかのことが気になってしかたがないあんこ好きとしては、
序盤のいっしょにいてやるところで、はやくも号泣である。
リボンをほどいてからの祈りの姿などは、普段悪ぶってるけど、
ホントは信仰心のあついいい子なんだよな、ちゃんと知ってるよ、
などと思わせられて、実にいとおしい。
さやかに上条くんとかいう悪魔の手を持った想い人がいるのも
ちゃんと知ってるし、まどかがいちばんの親友だと知ってても、
さやかといっしょにいてやったり。
献身的な姿に感動させられる。愛はあたえるもの。である。
ほむほむ編は、見るたびにほむほむがかわいらしく思えてくるから、
あんこ好きとしてはこまりものである。
同時に、見るたびにマミの評価がどんどん下がっていくから、
あんこ好きとしてはこまりものである。
劇場の大画面もいいのだけれど、なにより、家ではできない大音響がいい。
これまで何度も見返しているけど、涙がとまらない。
あんまり涙がとまらないので、終盤になってくると、
なんだかよけいなことばかり考えてしまう。
願いをかなえたまどかがプリンセスフォームになったような気がしたり、
画面いっぱいの地球が出れば、元の青さを取り戻したような気がしたり、
ほむほむが「たったひとりのわたしのともだち・・・」と言えば、
脳内でガラスのクレアの「好きだった・・・」と続いたりして、
妄想がとまらなくなったり。
コネクト。プリーズである。
ここへきて、コネクトを聞かせてくれたのはうれしい。
劇場版の主題歌ももちろんいいけれども、すでに耳になじんでいる
TVシリーズの主題歌を聞けると、一層入り込める。
あんこの肩が色っぽいことに、あらためて気づいた。
よかった、よかった。
◆ClariSに☆☆☆、Kalafinaに☆☆☆

監督:新房昭之
出演:野中藍、喜多村英梨、悠木碧、水橋かおり、斎藤千和
概要:いっしょにいてやる物語。
★★★★★★★★★★_バルト11

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。
 
架空人物の誕生日:661日目
07月07日 熊井健悟/ぶさいく(リーガルハイ)




トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/502665/31915613

ビデオ日記:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編]永遠の物語【2012:日】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿