« 架空人物の誕生日:419日目 | メイン | 劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 »

2013年2月23日 (土)

ビデオ日記:電送人間【1960:日】

J_96_19

鶴田浩二である。
いずれは出演作品を見たいと思っていた、鶴田浩二である。
いずれは出演作品を見たいと思ってはいたものの、
やくざ映画と戦争映画が多いから、なんとなく手をのばせずに
いたのだけれども、この作品は超科学怪奇スリラー巨編という
ふれこみなので、これならとっつきやすかろうと、見た。
やくざ映画の方も見てみたくなった。
電送人間は、ガス人間や液体人間などと共に、
幼い頃からムック本などで知識では知っていたけれども、
やっと見るきっかけができた。
冒頭のタイトルシーンからすでに恐怖感があって、ドキドキする。
特撮もいろんな手法が使われていて、おもしろい。
現在の技術でリメイクされると、たのしそうである。
平田昭彦である。かっこいいなぁ。
ウルトラマンの岩本博士や、ウルトラセブンのヤナガワ参謀といった、
落ち着いたイメージの作品ばかり見てきているので、
いまさらではあるけれども、アクティブな雰囲気にも魅了されてしまった。
気品のある端正な顔立ちなのに、トップスタアと言われない方が不思議である。
もともとの目的だった鶴田浩二よりもたくさん書いてしまったや。
軍国キャバレーDAIHONEI。
女の子の制服もかわいいし、生演奏で金粉ショーとか、
終戦から間もない頃のいかがわしさがあってたのしそうである。
行ってみたいものだ。
◆平田昭彦に☆☆☆☆☆、天本英世に☆☆☆

監督:福田純
出演:鶴田浩二、平田昭彦、白川由美、中丸忠雄、河津清三郎
概要:超科学怪奇スリラー巨編。
★★★☆☆

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/502665/31083125

ビデオ日記:電送人間【1960:日】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿