« 架空人物の誕生日:80日目 | メイン | 架空人物の誕生日:81日目 »

2012年3月21日 (水)

ビデオ日記:ももへの手紙【2012:日】

A_96_32

県内の島が舞台のモデルになっているため、
もともと広島は先行上映されるらしいのだけれど、
さらに早く、美山加恋☆と優香の舞台挨拶付の特別上映が
開催されるということで、行ってみた。
美山加恋は実写版ちびまる子ちゃんのたまちゃん役の時から
ファンをしているので、舞台挨拶があるとなれば、
行かないワケにはいかないのである。
言うまでもないが、かわいかった。よかったよかった。

映画の方は、IGだからキレイ。
瀬戸内の多島美や島独特の街並み、港やフェリーなど、
そうそうこんな感じだよねと思わせる描き込みもよろしい。
商品名や社名は少しずつ変えてあったけど、ローカルなものも
けっこう出てきたので、たのしかった。
高速船が高速すぎる感はあったけど。

妖怪たちは、画や動きはなんともいえず気持ちわるくて、
劇場に来ていたお子様たちはこわがっていたのだけれど、
西田敏行、山寺宏一、チョーが声をあてているので、たのしい。
ただ、西田敏行はステキな金縛りの落ち武者とかぶってしまった。

主人公のもも。
胸元とか脇のあたりの、シャツと素肌の微妙な境目の描き方が
実によろしい。水着のラインも、いい。
美山加恋がまた、へんなタレント起用とちがって上手なので、
たのしく見れた。

ストーリーは、なんだか。
島での生活に於いて、お子様がマネをしてはいけない
ようなことをいろいろとやっていたり、
たしかに島ではそうなるので忠実といえばそうなのでは
あるのだけれど、震災から1年で描くには早すぎた感の
ある描写もあったりして、はらはらした。
猪のくだりも、害獣として農産物の被害が増えているので、
保護するより、猪鍋にするべきなのが現実ではあるから、
妖怪たちの行動の方がありがたいのではあるが、
まあ、これはしかたがないのか。

いい話なのだけれど、あと一歩のところで、涙が出ない。
全体的に、ジブリっぽかったからかな。
予告でジブリの新作と勘違いしているヒトも多かったし。
◆美山加恋に☆☆☆、風景に☆☆

監督:沖浦啓之
出演:美山加恋、優香、西田敏行、山寺宏一、チョー
概要:ジブリ風妖怪ホラー。
★★★☆☆_

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/502665/28135755

ビデオ日記:ももへの手紙【2012:日】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿