« 架空人物の誕生日:10月29日 | メイン | 架空人物の誕生日:10月30日 »

2011年10月29日 (土)

ビデオ日記:映画スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪【2011:日】

P_96_10

オーズVS将軍の初日に前売券を買って、
わくわくしながら毎日チケットをながめつづけて、
本編がまた映画に向けて展開が加速していたので、
録画しているストーリーを何度も見直して公開日をむかえた。
これは、いい。
スイートは、本編でいろいろ予想をくつがえしてくれるので、
なるほど、そーゆーことだったのか、などと、
ある種の回答があったり、今後そーなっていくのかね、と、
さらにいろんな予想がどんどん出てきてしまった。
エンディングの4人バージョンのお披露目もあり、
見に行った甲斐があったというものである。
小ネタ、というか自爆ネタもえらく多くて、笑えた。
メフィストがおもしろい。
ある意味、今回の主役といっていいかもしれん。
親バカどころか、だめだめなバカ 親さがいい。
これまでのプリキュアのシリーズで、べたべたでれでれな父娘が
描かれる事はなかったので、ツンなアコとあわせて、おもしろい。
もっとも、一部別世界の生物や一部高校生を除き、
プリキュアたちはみんな中学生のむつかしい時期なので、
べたべたでれでれにはならんだろうが。
お義父様!がたのしい。
アフロディーテとのラブラブなあたりもよろしい。
色っぽく頬を染めるアフロディーテがまた、いい。
ついでにそーたも、これからどーなるのだろうね。
メフィストをお義父様と呼ぶことになるんかな。
アコがいい!とゆーか、アコってかわいー!
かわいらしくなっちゃって、もう。
今回は、アコのために製作されたような作品なので、
アコの出番が多いのは、うれしい。
エレンもいい!ハミィと共に、あいかわらずのボケっぷりである。
ハミィとセイレーンの仲の良さを彷彿とさせるシーンも、よい。
そしてなにより、響と奏がいい!
クレッシェンドキュアメロディへ変身するくだりは感動的。
タイトルがふたりはプリキュアだった頃のなぎさとほのか、
咲と舞を思い起こさせる、エレンやアコには立ち入れないほどの、
響と奏の絆に感動。
メロディではなく響なのである。
見つめあってるあたりの響のハンサムガールっぷりと、
身をまかせている奏に、涙をぼろぼろ流しながら、
ゆりゆり妄想全開である。
たまには、感動的な作品を見て、心を洗わんといかんな。
◆響奏に☆☆☆、エレンハミィに☆☆☆

監督:池田洋子
出演:小清水亜美、折笠富美子、豊口めぐみ、三石琴乃、大久保瑠美
概要:キュアミューズお披露目。
★★★★★★★★★★★★★_

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。




トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/502665/27362605

ビデオ日記:映画スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪【2011:日】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿