« 架空人物の誕生日:9月4日 | メイン | 架空人物の誕生日:9月5日 »

2011年9月 5日 (月)

ビデオ日記:二重被爆【2006:日】

J_96_34

広島では、夏休みの原爆祈念日頃になると、
平和学習として原爆に関する授業が行われているけれども、
広島、長崎での二重被爆は、この作品で初めて知った言葉である。
広島での出来事については多く学んではいるが、
長崎での出来事はほとんど知らない事をあらためて痛感させられ、
また、広島、長崎の2度に渡って原爆の被害にあわれ、
苦しまれた方があるという、考えてみればあたりまえの事に
思い至らなかった事を恥じ入るものである。
子供たちに見せて、語り継いでいきたい内容である。
海外取材で、米国のストリートミュージシャンが
2度の原爆投下が必要だったと思うかと問われて、
「どんな爆弾だって必要なかった」との答えに感動した。

監督:青木亮 出演:山口彊
概要:ドキュメンタリー。
★★★☆☆

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/502665/27035751

ビデオ日記:二重被爆【2006:日】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿