« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

架空人物の誕生日:7月31日

今日のゴーカイジャー。
ついに、らぶらぶなルカとアイム。
メイクされるジョーとハカセ。
女装ネタは、これで終わるのか。
それとも、これからド派手になっていくのか。

今日のスイートプリキュア。
今回も、エレンをはさんで、響奏がよりそって、
らぶらぶでゆりゆり。
それはそうと、エレンはどーやって棲家を
見つけたのかね。
カネも保証人もなさそうなのに。
国際的に高名な音楽家がカネを出したとか、
ご町内で有名なスイーツショップのオーナー
あたりが保証人になったとか、あるいは、
どっかに居候してるのか。船医さんとことか。

エンディングも変わった。
黄色い立ち位置があいてて、かわりにハミィが
踊ってたけど、ミューズはどうなるんだろう?
劇場版のポスターとかだと、黄色いのとミューズが
いっしょにいるから別人のように見えるけれども、
ミューズが黄色いのになるんかな?

7月31日 藤枝あやめ/帝國華劇団副司令(サクラ大戦)

HAPPY BIRTHDAY!

せっかくだから、できる限り多くの作品を取り上げようとしているので、
内容をすっかり忘れてしまってる作品も、多いのである。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月30日 (土)

架空人物の誕生日:7月30日

夢を見た。
夢だった。

7月30日 春風どれみ/美空第一小学校6年生(おジャ魔女どれみドッカ〜ン!)

HAPPY BIRTHDAY!

せっかくだから、できる限り多くの作品を取り上げようとしているので、
内容をすっかり忘れてしまってる作品も、多いのである。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月29日 (金)

架空人物の誕生日:7月29日

夜になっても、空気が生ぬるい。

7月29日 まいどくん/宇宙人(ストレッチマン 2)備考:星雲暦3000年

HAPPY BIRTHDAY!

ストレッチマンの誕生日はわからないのが、ざんねんである。
そんな時こそ、ストレッチだ!

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月28日 (木)

架空人物の誕生日:7月28日

小松左京が死んだ。
またひとつ、貴重な文化が失われてしまった。

果しなき流れの果に あたりを出してきて、
読みなおそうかね。

7月28日 真宮寺さくら/女優(サクラ大戦)

HAPPY BIRTHDAY!

ゲームをしないので、アニメ版しか見ていない。
なので、ゲームしかやらないヒトとは微妙に話がかみあわない。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

架空人物の誕生日:7月27日

取引先のヒトと食事。
某グラビア系メーカーのヒトもいて、いろいろと話を聞かせてもらった。
なかでもグラビア系DVDでよく見かける、下着のよーな、水着のよーな、
やっぱり下着にみえる水着のよーなものの秘密をきけたのがよかった。
もちろん、その時聞いた秘密は、秘密である。

帰りに、つい、うっかり、芸州屋でストライク・ウィッチーズのミーナさんの
フィギュアを入手してしまった。

7月27日 江藤蘭世/妖怪(ときめきトゥナイト)

HAPPY BIRTHDAY!

アニメ版のエンディングは名作である。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月27日 (水)

ビデオ日記:みうらじゅんの正しい保健体育【2011:日】

J_96_36

柏木美里。
教育実習生役という事で、困ったような表情でいやらしい言葉を
がんばって言おうとしてたり、一方でさらっと言ってのけたり。
なかなかたのしい。
あたりまえだけれど、全編通してネタばかりなのでおもしろい。
しかも、こうくるか、なるほどうまいなと、クスッと笑いが出るのが、
さすがみうらじゅん。
そのかわり、ぼーっと見ながら爆笑できるようなくだらない笑いではないので、
見る側にもハイレベルなインテリジェンスが求められるあたり、さすがみうらじゅん。
シリーズが続くようなら、見せ方にもう少しカネをかけてもらいたいところである。
本編と同じくらい長い特典映像のトークもおもしろかった。
みうらじゅんのディープな話についていけてる柏木美里もすごい。
◆柏木美里に☆☆☆、地獄絵図に☆☆

出演:柏木美里、みうらじゅん、福島勝美
概要:正しい保健体育。
★★★★☆

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。

2011年7月26日 (火)

架空人物の誕生日:7月26日

昨年の首藤剛志につづき、芦田豊雄が死んだ。
またひとつ、貴重な文化が失われてしまった。

ミンキーモモ(空)のLD-BOXを出してきて、見なおそうかね。

7月26日 バート/生物(セサミストリート)
HAPPY BIRTHDAY!

バートは、ヒトなんかな?

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月25日 (月)

架空人物の誕生日:7月25日

気がついたら、7月も終わりかけている。

7月25日 バーン・グリフィス/格闘家(サイキックフォース)
HAPPY BIRTHDAY!

せっかくだから、できる限り多くの作品を取り上げようとしているので、
内容をすっかり忘れてしまってる作品も、多いのである。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月24日 (日)

ビデオ日記:実写版 忍たま乱太郎【2011:日】

J_96_37

アニメ版のキャラクターにそっくりなのをつれてきたのか、
そっくりに仕上げたのか、キャストがそっくりでおもしろい。
また、5年、6年組は、イケメンと言うには早いが、
今後が期待できそうなのをたくさん集めているので、
いっそ、子役達を全面に押し出すようなストーリーにして、
売り込みに徹してしまえばいいのに。
オトナがコドモ相手にホンキになってしまう展開は、
キャラクターがデフォルメされるお子様向けアニメや、
お子様たちの声援もあるファミリー向けステージであれば楽しいものだが、
シンとしている映画ではあまりに情けなく、見ているのがつらい。
なんで、ドクたまとの競争にしなかったのだろう。
きり丸は、ドケチだけが強調されすぎてはいたものの、
せっかくきり子まで出して、しかもかわいらしく仕上がっていたのだから、
もっと生かしてもらいたかった。
くノ一教室のユキとトモミもかわいらしくてよかったのに寄り目ばかりだし、
杏と共にほとんど出番はないし、実に惜しい。
中村獅童演じる乱太郎の親父は、いかにもいわくのありそうな人物っぽくて、
なかなかおもしろかった。
古田新太の食堂のおばちゃんもうまい。
食堂のおばちゃんだからしかたがないけれども、もっと出番が欲しかった。
稗田八方斎。
松方弘樹が演じているのはすごいが、ストーリー的には出てくる意味なし。
戸部先生の白眼は、アニメならともかく、死んだ魚みたいで気持ち悪かった。
いや、これはかなりゆるい表現である。禁止用語的であった。
学園長以下、敵味方共に豪華な俳優陣がそれぞれうまくハマっているだけに、
もっとうまく作れなかったものか。
学園長の犬の糞ネタは、平幹二朗にやらせてしまっている事もすごいが、
なにかと自重気味な風潮にあって、あっぱれではあるものの、リアルすぎ。
わざとモザイクをいれるとか、お約束の形にしたりして自重すればいいのに。
キャラクターはよかったけれども、ストーリー的にはざんねんという作品では
あったが、まあ、劇場にいたお子様たちはよろこんでいたようだから、
お子様向けとしては、いいんかな。
◆きり子に☆☆☆☆、くノ一たちに☆☆☆、杏に☆☆☆、 山田伝子に☆

監督:三池崇史
出演:杏、平幹二朗、古田新太、竹中直人、中村獅童、谷原章介、鹿賀丈史
概要:100%駄作。
★★☆☆☆_

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。

架空人物の誕生日:7月24日

今日のゴーカイジャー。
ジョーの発言が、いちいちそっち系の問題発言っぽく聞こえて、
おもしろい。

今日のスイートプリキュア。
エレンをはさんで、響奏がよりそって、こちらもあいかわらず
ゆりゆりで、いい。

実写版 忍たま乱太郎を見に行った。
内容はともかく、きり子まで出してきたのは、よろしい。

7月24日 味吉陽一/ミスター味っ子(ミスター味っ子)

HAPPY BIRTHDAY!

サンライズが、持てる技術をつぎ込んで、
アニメ化でさらにおもしろくなった作品。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/bd.html

2011年7月23日 (土)

ビデオ日記:キック・アス【2010:英・米】

F_96_23

最高におもしろいという評判と、新しくできた八丁座に行ってみたかった事もあり、
今回、八丁座で限定上映があるという事で、見た。
ヒット・ガールがいい。ミンディがいい。
もちろん、演じてるクロエ・グレース・モレッツがいい。
ヒット・ガール姿も、ミンディの時も、とにかく、かわいい。
かわいらしいし、アクションもかっこいいし、強いし、セリフは伏せ字だらけだし、
それでいて、いい子。役だけでなく、自身がいい子なのだろうな。
ヒット・ガールのプリーツスカートがまた、よろしい。
中身が見えるわけではないが、丈と揺れ方が絶妙である。
投げキスにどきどきした。
おそらく、これまでいろんな映画で見てきた投げキスの中で、
最もいろっぽい投げキスであろう。
へんに媚びたいやらしさがないからかもしれん。
内容は・・・、ざんねんであった。
ストーリー上、しかたがないのだろうけれども、たかがザコを相手に
ヒット・ガールが危機に陥る理由がわからん。
くやしがる表情は、それはそれでいいのだけれど。
主人公も、主人公にかかわる話も、一切いらない。
なにしろ、主人公にかかわる話の部分にはヒット・ガールは登場しないのだから、
はやくヒット・ガールを出せよと、いらいらした。
ヒット・ガールでつくってくれれば最高だったのに。
ニコラス・ケイジのビッグ・ダディもあわせて、
久しぶりに、キャストだけで評価が高くなってしまった作品。
◆ヒット・ガールに☆☆☆☆☆☆☆、ミンディに☆☆☆☆☆、
  クロエ・グレース・モレッツに☆☆☆☆☆☆

監督:マシュー・ヴォーン
出演:クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、ソフィー・ウー
概要:ヒット・ガール。
★★★★☆_八丁座

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。

架空人物の誕生日:7月23日

八丁座。
見たいと思う映画は、なぜか、これまで必ずサロンシネマにかたよって
いたので、機会がなかったのだけれど、キック・アスの限定上映があると
いうことで、行ってみた。
うわさ通り、いい劇場だった。
今度は、クルマでいかずに、グラスワインあたりを飲みながら見ようかね。

7月23日 諸葛武侯/神様(道教)備考:諸葛孔明

HAPPY BIRTHDAY!

武侯である。実際の誕生日かどうかは、検証してない。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月22日 (金)

架空人物の誕生日:7月22日

歯医者に通って、一部修理が終わったので、
久しぶりに、たっぷりガムを噛んだ。

7月22日 キバヤシ/MMR隊長(MMRマガジンミステリー調査班)

HAPPY BIRTHDAY!

どういう事だ!キバヤシ!

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月21日 (木)

架空人物の誕生日:7月21日

ネタなし。

7月21日 ジャックリーヌ・ローズ/女の子(大草原の小さな天使 ブッシュベイビー)
HAPPY BIRTHDAY!

せっかくだから、できる限り多くの作品を取り上げようとしているので、
内容をすっかり忘れてしまってる作品も、多いのである。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

ビデオ日記:映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花【2011:日】

P_96_11

洋画、邦画、公開、未公開を問わず、これまで見た映画すべての中で
最も評価が高かったのが「映画 プリキュアオールスターズDX2
希望の光☆レインボージュエルを守れ!」だったので、
今回もおおいに期待していたのだけれど、DX3は、
これまで見た映画すべての中でも、最高の作品となった。
震災直後の公開初日に見に行ったので、後に配慮のためカットされる
津波のシーンも上映された。
迫力もあり、最初の見せ場的な場面なので、カットされるのは
惜しくはあるが、まあ、これはしかたがない。
3作目ともなると、さすがにみんなわかってる感じで、
そのあたりのかけあいもたのしい。
それぞれの役割や立ち位置が確立した感もあり、わかりやすい。
ツッコミを入れるたびにギャグキャラにされてしまうりんちゃんとか、
お笑い担当確定のえりかとか。
響たちピンク系戦闘班は、どんな時も決してあきらめない情熱を
持っているけれども、奏たちが支えていてくれるからがんばれるし、
奏たちもまた、前に進む勇気をもらっているといった、
仲間を信じる事、信じられる事のすばらしさが描かれ、感動。
キイロ系お遊戯班はいつでも笑顔を絶やさず、
りん、くるみ、せつな、ゆりはいつでもまっすぐ。
ストーリーも、それぞれの性格をうまく組み合わせて構成されている。
変身後の口上もきっちり21人やってくれたり、
必殺技も同様に省略する事なく、また、これまでのDXシリーズ通り、
かつての名シーンや名セリフもいろんな場面で入れてくれているので、
このへんを見ているだけでもたのしい。
30年とか40年も続いていて全てを見ていないライダーや戦隊と違って、
8年物のプリキュアシリーズは初代無印から見ているので、
21人のプリキュアはもちろん、モブでミラクルライトをふって
プリキュアを応援しているサブキャラたち一人ひとりまで見覚えがあるので、
登場するたびにうれしくなる。
今回は敵幹部も劇場版でオールスターズ。
再生怪人も歴代全て登場していると思われるくらい大量に登場。
今回の初登場はスイートの響と奏。
すでにシリーズが半分進んで、毎回ふたりのゆりゆりな感じに
悶えている今見ても、ふたりのハモったニャなセリフや、
いつでもみつめあってるゆりゆりな感じがいい。
むしろ劇場版だけあって、TVシリーズ以上にゆりゆり感の表現に
力が入れられているのかもしれん。
響。もともとボケキャラの多いピンクチームの中にあって、
さらに新米プリキュアとしてボケたおすのがたのしい。
もちろんたのしいだけではなく、歴代ピンクたちの決してあきらめない
強い心に触れ、最後にはこれまでになく強大な敵を前にして、
みんながくじけそうになる中で立ち上がる姿は感動的。
奏。フェミニンなブルーチームの中でもなおたおやかで、
みんなに守られつつも、仲間を信じる心に触れて響とのつながりや
想いをあらたにする姿に、ますますゆりゆりでもえもえ。
ある意味、今回最も活躍したのが、えりか。
先輩風をふかせて響奏をいぢったり、みんながスタイリッシュに闘って
いるなかで、いつものようにひとりだけコミカルな動きで目立ってたり、
おいしい場面でおいしいセリフをしかもドヤ顔で独占したり。
特に今回は緊迫した場面が多いため、えりかの動きや一言が
雰囲気をやわらげてくれるのが、よろしい。
だから、えりかはかわいくてしかたがないのである。
年下のうららよりもちっちゃいというのもまた、かわいい。
つぼみ。ピンクチームの中でも、いちばんしっかり者に成長した感じ。
投げ飛ばされ方が、ひとりだけかわいらしいのも、よろしい。
いつき。ポプリを抱きしめてる姿は、妖精との絆を感じさせられる。
ゆり。キイロチームにふられて、年長さんの威厳がよろしい。
あの声でお勉強対決は、ある意味笑える。
妖精たちと会えなくなるかもしれないと悲しむみんなの中で、
ゆりの表情が印象的。
ラブ。あいかわらず、たたかっている時も、遊んでいても、
思いきり前向きで、ゲンキがもらえるのである。
美希。どんなにポーズをとっても、やはりラブの親友らしく、
どこか抜けているのである。さすがに、敵を怒らせるのはうまい。
祈里。キイロチームとはいえ、ひかりやうららのような、
ここまでざんねんな感じのコだったかね。
なんだか、そうだったような気もしてきた。
せつな。やっぱり、どこかズレてるところがあるから、キイロチーム。
のぞみ。いつでものぞみが最初に立ち上がり、前向きな言動が、
みんなにゲンキをあたえるのである。
情熱のりんちゃんも、ツッコミ役で大活躍である。
キイロチームのおもりをさせられるのだから、たいへんである。
うらら。かわいそうなコである。そこがかわいいのだから、しかたがない。
こまち。メロディをお姫様だっこでキャッチするミントがかっこいい。
かれんとくるみ。たえられなくなったくるみのくだりがいい。
くるみ。えらそうにカントクっぽくなってたり、ハミィの姿を見て
汗だらだらになってたり、今回は表情の変化がこれまで以上に
はげしくて、たのしい。
咲と舞。響奏と同様に、みつめあってる感がゆりゆりで、いい。
それだけでいい。
なぎさとほのか。ピンクチームとブルーチームそれぞれで、
初代としての貫禄を見せるのが、かっこいい。
ブラックは、なんだかざんねんな結果になってしまったけど。
ひかり。かわいそうなコである。そこがかわいいのだから、しかたがない。
ついでに、ブンビーとカワリーノっぽい部下。
せっかくだから、もっと目立ってほしかったけど、しかたがない。
全体的にローアングル気味だったり、やたらと飛び回るシーンが多く、
みんなの脚がそれぞれにキレイに描かれているのもうれしい。
決してあきらめない事、いつでも仲間を信じる事といった
主題となる部分はこれまでのシリーズを通して変わる事はなく、
今回もこのへんは涙をボロボロ流してジーンと感動しながら見ていた。
自分もがんばっていかなきゃいけないなと、元気をもらえるのである。
上映終了後、まわりの引率のお父さんたちが、しきりによかったよかったと
言ってるのが印象的だった。
以前から、シゴトに疲れたお父さんたちに見てもらって、
ゲンキをもらってほしいものであると言ってきたけれども、
なにかと元気を失っている現代日本に於いて、
少しでも多くの方に見ていただきたい作品である。
明日からもたいへんだけど、前進あるのみ!
◆オールスターズに☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

監督:大塚隆史
出演:小清水亜美、折笠富美子、水沢史絵、水樹奈々、桑島法子、
   久川綾、沖佳苗、 喜多村英梨、中川亜紀子、小松由佳、
   三瓶由布子、竹内順子、伊瀬茉莉也、永野愛、前田愛、仙台エリ、
   樹元オリエ、榎本温子、本名陽子、ゆかな、田中理恵
概要:プリキュアオールスターズ。
★★★★★★★★★★★★★★★_

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。

続きを読む »

2011年7月20日 (水)

架空人物の誕生日:7月20日

プリキュアオールスターズDX3 DVD。いい。
今日も、もう一度見ようか、それとも、DXから見なおそうか。

7月20日 名取羽美/高校生(かってに改蔵)
HAPPY BIRTHDAY!

当時は、海の日だったような気がする。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月19日 (火)

架空人物の誕生日:7月19日

台風。
北へ直進行軍の後、東へ直角に転進する進路予想は
不思議な図であった。

しかも、今回のは、風が強い。
軽い自動車に乗ってるとはいえ、強風に流されそうになった。

たのんでおいたプリキュアオールスターズDX3が届いたと
連絡が入ったのだけれど、台風が来ているのでどうしようかと
まよった結果、風は強いけど雨は降っていなかったので、
結局、受け取りに行った。
買い物の後、家につくまでわくわくしたのは、久しぶりである。

まわりを気にせずに、思いっきり涙をぼろぼろこぼしながら、
見ようかね。

7月19日 春日部咲/非オタク(げんしけん)
HAPPY BIRTHDAY!

アニメ好きな知り合いが婚カツをしている。
こんなヒトと出逢えると、おもしろいね。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/

2011年7月18日 (月)

架空人物の誕生日:7月18日

都合により、ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
(2回目)を見に行った。

やっぱり、おもしろい。
へんなハリウッド的アクション映画よりアクションも多いし、なにより、
殺陣のごとき、欧米作品には見られないアクションの間が、よろしい。
よく見るとブレドランオールスターズなのも、笑えた。

ついでに、劇場版スイートプリキュアの前売り券を買ってしまった。
広島サティの最終営業日だったらしく、えらく賑わっていた。

7月18日 佐々木剛/神保中学校生徒(こどものおもちゃ)
HAPPY BIRTHDAY!

こどちゃは、アニメもおもしろかった。

その他の架空人物の誕生日はこちらで
http://ww5.enjoy.ne.jp/~elfe/