« 架空人物の誕生日:4月2日 | メイン | 架空人物の誕生日:4月3日 »

2011年4月 3日 (日)

ビデオ日記:オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー【2011:日】

At_96_10

個人的には、つい先日、プリキュアオールスターズDX3が
これまでで最高の評価になるほどおおいに感動し、
いよいよ戦隊もオールスターズでの公開を控えてワクワク感が
盛り上がっている中で、実は、仮面ライダーオールスターズは、
もうそろそろ、見るのが面倒になってきていたりするのだけれど、
機会があって、見る事になった。
どこぞの夕日的ノスタルジックな展開は、まあ、いいとして、
今回は1号と2号が準主役で活躍してくれたのは、いい。
本人の声もよかったけど、動くたびにヒュンヒュンいうのは、
なかなか感慨深かった。
ズバッと解決してくれたズバットも、絡み方としてはなんともでは
あったけれども、ブイスリャーと共に宮内節でよろしい。
ただ、なつかしさというところでは、あまりに古すぎるので、
かえってWの登場シーンの方が涙がでたくらいである。
ストーリーは、まあ、多分にショッカー的なので、
それはそれでいいとして、これまでと違って、
最初っから最後までアンクの欲望全開という感じで、
オーズが主役という軸があまりぶれていなかったのは、よろしい。
ブラック将軍とかジェネラルシャドウとかもメイン悪役で登場して、
敵の幹部もオールスターズ的だったのは、よかった。
死神博士は、さすがにこれまでのシリーズでいじりすぎたかね。
福本清三のブラック将軍は、すぐに怪人に変身しないで、
もっとヒト型で戦ってほしかった。
せっかくささきいさおが出演してたのだから、
EDもささきいさおにしてくれればよかったのに。
◆恒松祐里に☆☆☆

監督:金田治
出演:恒松祐里、渡部秀、三浦涼介、ライダー、ライダー、ライダー、ライダー
概要:仮面ライダーオールスターズ。
★★★☆☆_

その他のタイトルはこちらで
____________________________________________________________
管理者の独自の解釈や憶測、妄想など、有害な成分が多く含まれています。
ファンの方にとっては不愉快な表現があるかもしれませんが、ご了承ください。
出演者記述の筆頭が、必ずしも主演とは限りません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/502665/26247189

ビデオ日記:オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー【2011:日】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿